陰茎早漏症の日本人の割合と治療は

陰茎早漏症をご存知でしょうか。
これはセックス時における男性の早漏症の事です。
それでは時間的にどれくらいで射精する事が、陰茎早漏症になるのでしょうか。
一般的に日本人のセックス時における射精時間は、6分~7分と言われています。
これが2分~3分で射精するようであれば、陰茎早漏症と呼ばれても仕方が無いでしょう。
この陰茎早漏症の日本人の割合は、2人に1人つまり50パーセントと言われています。
この日本人の割合は世界的に見て多いといわれています。
中には女性も同じ程度でいけば問題ないだろう、と言う人もいますが出来れば改善したいものです。

以前はこの原因は皮膚が敏感だからである、と言われてきましたが最近はストレスなどによる自律神経のバランスによるものだと言われています。
日本人の割合が多いのは毎日仕事や人間関係でストレスを抱える、日本人ならではの症状とも言えるのではないでしょうか。

治療方法としてはバイアグラ等の薬による陰茎早漏症の改善もあるようですが、出来るだけ薬に頼らないで改善できる方法を試みましょう。
ストレスを出来るだけ抱えない様にして、リラックスできる方法を自分なりに考え出すことです。
休みの日は自分の趣味や運動をする事で、会社や仕事の事を忘れられるように努力しましょう。
家族全員で同じ趣味を持った食事に行ったりをする事で、ストレスの発散を心がける事も大切です。

また夫婦仲も大きく関係してきます。
夫婦仲が良いとお互いにいたわる事や思いやる事で、リラックスした雰囲気でセックスが出来ると長持ちがするのです。
奥様の協力が良い方向に働くので、理解してもらい協力してもらうようにしましょう。
あまり深刻に考えずに、だんだん良くなると楽観すると改善も早いでしょう。

関連記事