スーパーPフォースの副作用は強くない

けんかするカップル

勃起時間が短く、性行為に満足できない・もっと長く楽しみたい・早漏で刺激に敏感など、性行為・刺激に対して強くない男性から注目を集めているのが、スーパーPフォースとよばれる治療薬です。
このスーパーPフォースは、ED治療薬と同じ成分であるシルデナフィルをはじめ、早漏防止薬であるダポキセチンを配合した早漏防止薬として注目されていて、ED改善効果があるため、早漏以外にも、勃起が強く・硬くしたいなどで悩んでいる男性にも注目されている薬です。
性行為の3時間前から1時間前に服用すると、有効成分の働きにより、射精までの時間を延ばしてくれます。
有効成分であるダポキセチンは、脳内のセロトニンの放出を抑える働きがあり、脳の反応をコントロールして射精を防止してくれます。
ですが注意したい点もあり、服用後は次の使用までに必ず24時間以上時間を空け、初めて使用する場合には、1錠の半量から試すことが大切で、効果が強くないからと大量に服用することは避けることがポイントです。
さらに把握しておきたいのが、スーパーPフォースの副作用についてで、頭痛・吐き気・顔のほてりなどの副作用がでる場合があり、服用する際には医師に相談することも必要なことの1つです。
その他、高血圧・低血圧・心臓病などの持病を持っている場合も使用する際には、医師に相談したうえで使用し、用法・用量を守ることも大切です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧